​動物保護支援活動について

ー日本では諸外国と比べ、多くの動物が飼い主のエゴにより、捨てられたり、施設で保護されたり、殺処分となっている。

​年々殺処分はは減少傾向にあると言われているが、殺処分0の裏にはなかったことにされた命が渦巻いている。

さらに昨今ではコロナ禍のステイホームにより家にいる時間が長くなり、

軽はずみな気持ちで動物を飼う人が増え、その結果さらに多くの動物が捨てられるようになった。

 

この活動を通して保護活動の実態を知ってもらい、動物を軽はずみな気持ちで飼ったり捨てたりすることが、

どれだけの問題を引き起こし、動物たちを苦しめ、被害を生み出しているかを知っていただきたい。

そして取り残された動物たちが少しでも減るよう尽力していきます。

​主な活動

IMG_2335-removebg-preview_edited.png
IMG_2336-removebg-preview_edited.png

・動物保護施設を開設、運営

 捨てられた犬、猫、または小動物などのペットや、野犬、野良猫を保護し、一頭一頭丁寧に向き合い、

 精神的にも身体的にもケアをする。

 そして終生まで素敵な家族と過ごせるようお手伝いをする。

保護動物譲渡活動

 保護施設のみならず公園、広場等で譲渡会を行い、人も保護動物たちも素敵な家族見つけられような

   活動をする。

・TNR活動

 地域猫や、野良猫の不妊、去勢を獣医さんと連携し行う。

・啓発活動

 SNSや街頭などで保護動物の実態、私たちにできることを発信し啓発する。

・その他、飼い主さんや地域の皆様からの相談受付

 動物との共生は想像以上に難しいもので、時には様々な困難が生まれます。

 例えば、家に野良猫が住み着く、ペットが言うことを聞かない、分離不安がひどく外へ出られない、

 噛むなど、、、相談してください、一緒に対応していきましょう。

 人間も保護動物たちもお互いが幸せに暮らせる環境を作りをしたい、

 出会った家族と最期まで幸せに過ごしてもらいたいため、困っていることはご相談ください。

すべての命が幸せでありますように。